« 西へ(4/15〜17・杉本篤彦・西日本ツアー) | トップページ | ただいま羽田空港 »

2011年4月12日 (火)

目的と思想は単純であるべきである。

土方歳三
「刀とは、工匠が人を斬る目的のためにのみ作ったものだ。刀の性分、目的というのは、単純明快なものだ。兵書とおなじく敵を破るという思想だけのものである。目的は単純であるべきである。思想は単純であるべきである。新選組は節義にのみ生きるべきである」

沖田総司
「新選組はこの先、どうなるのでしょう」

土方歳三
「どうなる?、どうなるとは婦女子のいうことだ。おとことは、どうする、ということ意外に思案はないぞ。なあ総司、おらァね、世の中がどうなろうとも、たとえ幕軍がぜんぶ破れ、降伏して、最後の一人になろうとも、やるぜ。男の一生というものは美しさをつくるものだ、自分の。そう信じている」


「燃えよ剣」司馬遼太郎(著)より

« 西へ(4/15〜17・杉本篤彦・西日本ツアー) | トップページ | ただいま羽田空港 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387359/39588885

この記事へのトラックバック一覧です: 目的と思想は単純であるべきである。:

« 西へ(4/15〜17・杉本篤彦・西日本ツアー) | トップページ | ただいま羽田空港 »