« シベリア鉄道 | トップページ | Life goes by moment »

2016年12月14日 (水)

映画のような世界に生きる

映画のような世界に生きる


夜空に浮かぶビル群、カミソリみたいな三日月、ネオンサイン、ピンボール、ミラーボール、ジュークボックス、アルマーニのスーツ、カウンターに座っているのは大好きなボブカットの彼女、アンコールは心に響くバラード、愛車のスポーツカーで颯爽とライブハウスを後にする。まるで映画のようだけど、現実に僕の生きて来た華やかな世界だ。

50を過ぎた僕はその夢のような最高の職業を持ち続け、潮風とヤシの木、月明かり、波の音に囲まれて生活している。ボブカットの彼女は愛する息子の母親だ。これ以上何を望むか。リビングにはクリスマスツリーのライトが光っている。

腱鞘炎の手はソックスを履くのにもだるい。病気と闘い、時々起こるトラブル等々。人生の華やかさと虚しさは常に同居している。でも夢の続きは、まだまだこれからだ。

« シベリア鉄道 | トップページ | Life goes by moment »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387359/68845556

この記事へのトラックバック一覧です: 映画のような世界に生きる:

« シベリア鉄道 | トップページ | Life goes by moment »